賃貸物件の更新時に家賃交渉をすることもできます。コツは無理に勧めないことですか。

賃貸物件選びで収納にこだわり理由

更新時に家賃交渉をする

一度借りた賃貸住宅に比較的長い期間住む方もいらっしゃいます。
賃貸契約の期間は決まっており2年間で決められているところがほとんどです。
よって2年後にまだその物件を継続して借りたい場合は更新手続きをすることになります。
その際に契約書を新たに書くのと更新手数料を不動産屋さんに支払わないといけません。
この更新の際の手数料ですが物件によって異なります。
現在支払っている家賃の1から2か月が相場のようです。
一度契約した家賃はそのまま変えることができないと思っていませんか?
実は昔は地価の変動等の理由によって家賃が引き上げられることがあったのです。
今ではほとんどそのようなケースは見られなくなってきました。
現在はどちらかというと更新時に家賃を引き下げてくれるケースも見られるようになってきました。
大家さんとしてはできれば契約した時の家賃でそのまま借りてもらった方が利益となりますから自ら家賃を引き下げることについて言及することはありません。
そこでもしも家賃を下げてほしいなら自ら動くしかないのです。
もちろんやみくもに交渉してもその希望が通るとは限りませんし、やり方によっては大家さんや不動産屋さんに対するあなたの印象を悪くしてしまうかもしれません。
そこで更新時に上手く家賃交渉をするコツについて教えます。
まず周辺の賃貸物件の状況を調べてみましょう。
あなたが現在借りている部屋と同じような間取りや設備の条件の物件の家賃を調べてみるのです。
インターネットや近所の不動産屋さんをのぞいてみると物件情報を得ることが出来るでしょう。
もしも調べた結果、あなたが払っている家賃が高すぎると判断できた場合は、周辺物件の情報を大家さんや不動産屋さんに提示して価格交渉をすることが出来ます。
現在あなたが住んでいる物件の家賃を調べてみましょう。
同じ物件でも階や間取り等の条件で部屋ごとに家賃が変わる事があります。
またそれ以外にも長らく空いている部屋というのは家賃が下げられることがあるのです。
もしもそのような事例が発覚したらそれを大家さんや不動産屋さんに伝えて家賃交渉をすることが出来ます。
無理な交渉は避けましょう。
例えば最も物件の動きが激しい時期に家賃交渉をしても大家さんや不動産屋さんは強気に出て断られる可能性が高くなるでしょう。
それなのに無理に推し進めてもお互い嫌な思いをするだけになります。
また家賃を下げてくれたら更新するなどの威圧的な態度をとることも印象を悪くするだけですからやめておきましょう。

住まいに関する要チェックサイト

Copyright (C)2017賃貸物件選びで収納にこだわり理由.All rights reserved.