家賃を安くするコツは、とりあえず2年間でかかるトータルコストで比較して考えることです。

賃貸物件選びで収納にこだわり理由

家賃を安くするコツ

持ち家とは異なり、賃貸住宅はそれが自分の資産にはなりません。
家賃を支払い続けてもそれは自分の所有物にはならないのです。
諸事情により賃貸住宅で生活している方も大勢いらっしゃいます。
そしてできることなら賃貸にかかる費用も安く済ませられたほうが家計としては有難いですよね。
そこで賃貸物件を決める時に家賃を安くするコツについて考えてみましょう。
まず物件を比べる時に必ずトータルコストで計算するようにしましょう。
賃貸住宅を決めるポイントは家賃の値段だと言う方、多いのではないでしょうか。
しかしそれ以外にも賃貸物件の契約時に費用が掛かってくるのです。
まずは大家さんへ支払うための礼金、そして家賃滞納時や退出の際の修繕費用のための敷金、さらには不動産屋さんに対する仲介手数料などもかかってきます。
基本的にはほとんどの賃貸物件が2年間の契約になっています。
契約が切れた時は更新するかもしれないですし、また別のところに引っ越すかはまだその時点ではわからないでしょう。
それなのでまずは二年間にかかるトータルの金額について計算してみるのです。
敷金、礼金、仲介手数料は不動産屋さんや大家さんによって金額が決められているのでかかる費用はそれぞれ物件によって異なります。
それに二年分の家賃を足してみてトータルした金額で費用を比較してみましょう。
その価格を比較して物件を選びましょう。
価格交渉をしてみましょう。
家賃、敷金、礼金、不動産仲介手数料でも何でもいいので価格交渉にトライしてみましょう。
大家さんと不動産屋さんの営業担当が交渉してくれると上手くいけば価格を下げてくれる事もあるからです。
そして価格交渉をより有利に進めるためには他の不動産屋さんからも物件を探してもらうことです。
それを話に出して価格交渉を進めることが出来るからです。
また物件を沢山見ることでおおよそのその地域の家賃相場等を知ることができますので自分自身の物件を見る目を養うことが出来るのです。
また賃貸物件に二年以上住むことがわかっている時は、家賃の交渉をしたほうが長い目で見るとお得です。
そして予め短期間で引越しをすることがわかっている時は家賃よりも敷金礼金などの初期にかかる費用を交渉したほうがお得になります。
ただやみくもに価格交渉をするのではなく自分にとって有利な条件になるように誘導することでより効果的な結果を得られるのです。
またできる事ならピーク時を避けた方が不動産屋さんも時間的な余裕がありますので価格交渉に応じやすくなります。

住まいに関する要チェックサイト

Copyright (C)2017賃貸物件選びで収納にこだわり理由.All rights reserved.