自分でもできるリフォームを実践して賃貸住宅をオシャレに変身させましょう。

賃貸物件選びで収納にこだわり理由

自分でできるプチリフォーム術

自分の住んでいる住宅をもっとおしゃれにしたいと思いませんか?
我が家は賃貸住宅だから無理だと最初からあきらめる必要はありません。
ちょっと工夫をするだけでもまるでリフォームしたかのように変える事も可能なのです。
なぜ賃貸住宅は自分の好きなように内装を変えることが出来ないのでしょうか。
それは契約により決まっているからです。
賃貸住宅というのは入居前の契約において退去時の際に借りた時の状態に戻すことが義務付けられています。
これは恐らくどの賃貸物件でも定められていることです。
よって下手に物件内部をリフォームしてしまうとその現状回復のための費用が大きく負担となることがあるからです。
しかし自分でも簡単に作れて撤去も簡単なリフォーム方法もあるのでそれを利用して賃貸住宅をオシャレに変えてみましょう。
具体的な方法を紹介します。
まず自宅の壁をもっとおしゃれに変えてみたい時はどうすればよいのでしょうか。
新たに壁紙を貼るのは大変ですし、それをはがすときも大変です。
そこで役立つのが発砲スチロールです。
これらは100円ショップでもホームセンターでも販売されていますからお手軽に入手することが出来ます。
これを壁に両面テープを使って貼り付けていくのです。
もちろん両面テープは接着が強力なタイプではなく剥がしやすいタイプの製品を選びましょう。
これを貼るだけでも白いレンガ風の壁に仕上がりますので部屋の雰囲気をがらりと変えることが出来るのです。
白色では物足りないと感じるならばスプレー等で色を付けてもいいでしょう。
フローリングマットや床貼りタイルを使ってみましょう。
これらは全てホームセンターで販売されています。
これを自宅のフローリングや畳の部屋に敷くだけでも自宅の印象がかなり変わってきます。
敷いて取りはずすのも簡単ですし、これを敷いておくだけでも床の傷防止にもなりますのでお勧めです。
間接照明を取り入れるだけでも自宅がオシャレに見えます。
LED照明を置くのもおすすめです。
見せたくないところは隠しましょう。
本当はキッチンは対面式などの物件がよかったのに事情によりキッチンが丸見えの賃貸物件を借りることになってしまった方もいらっしゃいます。
水回りが丸見えだと生活感丸出しになってしまいます。
そこで自分でカウンターキッチンを作ってしまいましょう。
カウンターを家具屋さんで購入してキッチンの前に置くだけでキッチン上手くを隠すことが出来るのです。
それ以外にも簡単にできるリフォームはまだまだあります。

住まいに関する要チェックサイト

Copyright (C)2017賃貸物件選びで収納にこだわり理由.All rights reserved.